あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬を病気や病気の再発から守る安心安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬を病気から守る!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【自己判断の使用は禁止!】犬の中耳炎にお勧めの5つの市販薬とは?

 

愛犬が中耳炎になってしまった場合は、まずは動物病院での治療が最優先になります。

 

ですが、何らかの理由で、愛犬の中耳炎の薬を購入するときは、自己判断は禁物です。

 

今回の記事では、犬の中耳炎にお勧めの市販薬を5つ紹介いたしますので、もし、ご興味のある薬があった場合は、獣医さんの指導の下購入するようにお願いいたします。

 

			

スポンサードリンク






 

愛犬の中耳炎にお勧めの代表的な5つの市販薬とは?

 

 

最近では市販薬でも中耳炎に効果を発揮するものも多く出ていますが、自己判断で使用することは絶対に控えてください。

 

もちろん症状に応じては病院へ行くことは大切ですが、普段から耳のケアにも役立ちますので、動物病院の獣医さんの指導の下に使用するようにしてください!

 

その1.ミコテックスシャンプー

 

出典:うさパラ

 

ミコナゾール硝酸塩とクロルヘキシジングルコン酸塩を配合している犬猫兼用市販薬シャンプーです。

 

脂漏性皮膚炎の治療やコントロールに使用でき、脂漏性皮膚炎は、別名・マラセチア皮膚炎とも呼ばれ、マラセチア属真菌(カビ)により起こる皮膚の炎症疾患です。

 

中耳炎の細菌にお勧めのシャンプーとなります。

 

真菌と細菌とでは基本的構造の違いがありますが、ミコテックスシャンプーは2種類の有効成分により、どちらにも働きかけることができます。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩やミコナゾール硝酸塩は、経皮吸収が少ないため、全身副作用のリスクを抑えながらご使用いただけます。

 

その2.スロランイヤードロップス

 

⇒販売サイトはこちらです!

 

細菌感染症や耳ダニ感染症の治療に用いられています。

 

耳ダニ感染症は、ミミヒゼンダニというダニが寄生することが原因で起こります。

 

ミミヒゼンダニは、耳に寄生し、耳垢を食べて成長し、繁殖を繰り返し、感染した犬や猫と接触することで感染することが多い感染症で、耳垢がたまる、耳をかゆがる、頭を振るなどの症状が出ます。

 

中耳炎による耳のかゆみ、耳垢、耳の悪臭などの症状改善し、その他に、炎症や痒みを鎮める効果も期待できます。

 

その3.ノルバサンオチック

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノルバサンオチック 118mL【あす楽】
価格:1663円(税込、送料別) (2018/12/25時点)

楽天で購入

 

 

 

ノルバサンオチックに含有しているイソプロパノールは中耳炎のしつこい耳垢などの汚れを落とします。

 

汚れを放置しておくと病原菌のエサとなり、定期的にケアすることが大切です。

 

耳の洗浄に多くの動物病院でも使用され市販薬としても販売している耳洗浄液です。

 

コットンに含ませて拭き、耳の中に液を注いでクチュクチュと外耳をもむだけで、耳の中のカビや細菌の繁殖を抑え、油分を含んだ頑固な耳垢もスッキリきれいに取り除きます。

 

細菌・真菌の増殖を抑え、炎症やかゆみを改善します。

 

わが家はほとんどが垂れ耳なので、このノルバサンオチックには大変お世話になっています。

 

スポンサードリンク





 

 

その4.オティペット点耳薬

 

出典:うさパラ

 

犬の感染性外耳炎を治療する薬です。

 

細菌や真菌の増殖を抑えながら、炎症やかゆみを改善します。

 

犬の耳の洗浄液になり、ノンアルコールで耳道に刺激を与えないタイプのお薬なので安心して使用できます。

 

急性、慢性の細菌性または真菌性の外耳、内耳の炎症や、耳の痛みに効果を発揮し、敏感な犬の耳のお掃除や、耳道の傷による壊死組織、耳垢残屑の除去を容易にするための洗浄液としてもご使用いただけます。

 

その5.オトマックス軟膏

 

⇒販売サイトはこちらです!

 

耳の炎症やかゆみ、耳の中の細菌や真菌などによる感染症(ミミヒゼンダニ)治療薬です。

 

頭を頻繁に振る、四肢で耳をかく、床に耳をこすりつけるといったしぐさが気になった場合、細菌や真菌などの微生物の異常繁殖による発症の可能性が高いと言われています。

 

抗生物質、抗真菌剤、消炎作用のあるステロイド剤が配合されており、かゆみを抑えながら、症状を改善させる作用があります。

 

市販薬でも販売され、投与が簡単で使用しやすい軟膏タイプです。

 

 

スポンサードリンク





 

 

知っておきたい点耳薬をつける時ののコツとは?

 

飼い主が点耳を行う場合に重要なことは、後ろから行うということです!

 

愛犬も警戒するので上手くはいかないでしょうが犬の後ろから、耳介を上に向かって引っ張るようにすると、耳の穴がよく見えます。

 

この状態で点耳薬を垂らし、耳の穴の真ん中を狙いがちですが、点耳薬を上手く行き渡せるコツとしては、耳をめくったら、耳の付け根のキワに垂らすということが重要なのです。

 

耳の付け根の部分を親指と人差し指で挟むようにして、液の音を立たせながら優しくマッサージしましょう。

 

最後に、コットンで汚れをやさしく拭き取って終了です。

 

まとめ

 

犬は聴覚が発達しているため人間よりも耳から得る情報量が多く、耳と聴力の状態の変化に大変敏感です。

 

中耳炎は耳を清潔な状態で保っておくことが、大変重要ですのでお勧めの市販薬を是非お試しいただき予防をしていきましょう。

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬を病気や病気の再発から守る安心安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬を病気から守る!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

関連記事

 

⇒【ご存知ですか?】意外と知らない!犬の中耳炎と外耳炎の3つの違いとは?

⇒【あなたの責任かも?】要確認!犬の中耳炎が治らない3つの理由とは?

⇒【意外と安い?】3分でわかる!あなたの愛犬の中耳炎の手術費の内訳とは?

⇒【要確認!】3分でわかる!あなたの愛犬の中耳炎の治療費の内訳とは?

⇒【治療前にチェック!】ご存知ですか?犬の中耳炎の5つの治療法とは?

⇒【見逃していませんか?】必ずチェックすべき!犬の中耳炎の5つの症状とは?

⇒【ご存知ですか?】意外と知らない!犬が中耳炎になる7つの原因とは?

⇒もくじはこちらです

 

コメントを残す